イースターエッグの作り方は簡単?生卵やゆで卵・発泡スチロールでも | 気にしたら負け

イースターエッグの作り方は簡単?生卵やゆで卵・発泡スチロールでも

Sponsored Link

先日はイースターについて取り上げたので、
今回はイースターエッグの作り方について見てみようと思います。

家にある卵と雑貨でわりと簡単に作れるので、
海外風の小物作りとしてチャレンジしてみてはいかがでしょうか。


イースターエッグ



イースターエッグの材料と、そのメリット・デメリット



イースターエッグは本来ゆで卵を使うものですが、
こだわらず別の素材を使ってもいいでしょう。

まずはイースターエッグの材料と、
それぞれのメリット・デメリットを見てみます。


生卵


 生卵の中身を取り出してカラだけ使います。
 中身がないので腐らせずに取っておけますが、脆いのが欠点です。
 子供に使わせるには不向きかも。
 

 中身を取り出さずに使うてもありますが、
 それならゆで卵にして使うほうがいいでしょう。



ゆで卵


 固ゆでにした卵を使います。
 生卵より丈夫なので、 子供でも着色作業がやりやすいでしょう。
 
 ただし中身が腐るので、
 保存は考えないほうがいいです。



発泡スチロール


 たまご型の発泡スチロールが販売されているので、それを使うのも手です。
 
 ↓こういった感じのものです
 
 

 
 本物の卵と違って割れないので、
 小さな子供でも安心して作業ができます。
 
 ただし油性ペンを使うと溶けるので、
 水性ペンやシールなどで加工するのがいいでしょう。
 


紙粘土


 たまご型にこねた紙粘土を使うという手もあるようです。
 耐久性は最高なので一番加工しやすいでしょう。
 


後々まで飾って取っておくつもりなら、
生卵のカラか発泡スチロール・紙粘土で作るのがいいでしょう。

中身が入ったままの卵だと、割れたときが大変です。
数ヶ月たった卵の中身なんて想像したくもありませんね。



生卵を空にする方法



生卵のカラを使う場合は、
まず中身を出して空にする必要があります。



やり方は、まず卵のてっぺんまたは底に
針か安全ピンで穴をあけます。

刺した針で中身をかき回して崩したら、反対側にも穴を開けます。

次に穴から息を吹き入れ、卵の中身を外に出します。
このとき、卵の中身を受け止める
コップや受け皿を下にしいておきましょう。


中身を全部出したら、
水を流し入れて中を洗います。



実際にやっている動画があったので、
そちらを参考にしてみてください。

)

彩色の仕方



材料にする卵や発泡スチロールが用意できたら、彩色にうつります。
やり方はいろいろあるので、好きなのを選びましょう。


食紅を使う


ぬるま湯に酢と食紅を混ぜ、卵を漬け込んで着色します。
乾いたらクレヨンなどで模様を書き込めばOKです。

発泡スチロール土の場合は、食紅ではなく絵の具でいいでしょう。



キッチンペーパーと食紅を使って、それっぽい模様を作る方法もあります。
手順は以下のとおり。

・濡らしたキッチンペーパーに酢を染みこませる
・キッチンペーパーの何箇所かに食紅を垂らす
・卵をキッチンペーパーで包む
・包んだ卵に水をかける
・水気を切ったら輪ゴムで縛る
・一晩置いたら出来上がり


詳しくはこちらの動画を参考にしてみてください。

)

ペンを使う


そのままペンやクレヨン、
絵の具で書いてしまうのもいいでしょう。
一番手間がかかりません。



シールやラッピングも


シールを貼ってデコレーションするのもいいでしょう。

また、イースターエッグ用のラッピングもあるので、
そちらを使ってみるのもいいと思います。
(卵に巻いてお湯に入れるだけでできるんだそうです)


イースターエッグラップ



おわりに


実際に生卵の中身抜きをやってみましたが、
しっかり中身を崩しておかないとなかなか外に出せませんでした。
きちんとかき混ぜてほぐしておきましょう。


中身を抜いたカラは脆いとはいっても、思ったよりは丈夫です。
力加減ができる大人なら、作業中に割ってしまう心配はあまり要らないと思います。




Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

この記事のコメント

この記事へのコメント

気にしたら負け TOP » イベント・行事 » イースターエッグの作り方は簡単?生卵やゆで卵・発泡スチロールでも