こどもの日の由来を簡単に!兜を飾り柏餅やちまきを食べる意味は? | 気にしたら負け

こどもの日の由来を簡単に!兜を飾り柏餅やちまきを食べる意味は?

Sponsored Link

スーパーに柏餅が並ぶようになると、
今年も5月5日のこどもの日が近いんだなーと感じますね。


子供だった頃はなんか柏餅がおやつに出てくる日くらいの認識しかなかったんですが、
大人になってみるとその由来や意味について気になってくるものです。

そこで今日は、こどもの日の由来や柏餅を食べる意味などについて
見てみようと思います。


こどもの日



こどもの日の由来は?



こどもの日は元々は端午の節句といい、
これは古代中国の厄払い行事の日でした。



毎月最初の午の日を端午というんですが、
その中でも午の月(5月)の端午にあたるのが5月5日。

そこから端午の節句というと5月5日をさすようになったんですね。


邪気を払うとされる菖蒲を菖蒲酒や菖蒲湯にして厄除けをし、
時期的に近い雨季に備えるのがこの行事の意味だったようです。



この風習が平安時代の日本に伝わって宮中行事となり、
菖蒲で厄払いをする風習も同時に伝わります。




そしてさらに、この宮中行事が昔から日本にあった5月の行事
五月忌み」と結びつきました。

五月忌みは神聖な田植えをするために、若い清らかな女性が身を清めるという風習。
この五月忌みでのお清めに、菖蒲酒など菖蒲を使った方法が取り入れられました。


このときは女性のお祭りだったんですね。




その後、武士の時代になる鎌倉期になると、
菖蒲が尚武(武をたっとぶの意味)・勝負に通じるということから男の子のお祭りに変化。


江戸時代には幕府が端午の節句を五節句のひとつに定めたことから、
男の子の成長や出世を願う行事となります。



そして昭和に入り、最終的には
「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」日
とされ現在のこどものための日として定着しました。



兜を飾り柏餅やちまきを食べる意味は?



柏餅

鎧兜は男の子を守ってくれるようにという願いが、
武者人形には子供の厄の身代わりという意味があるそうです。

どちらも子供の健やかな成長を祈ってのものですね。


ひな祭りで飾る雛人形なんかも、
元々は身代わりの意味合いを持っていたそうです。

ひな祭りの由来や意味、簡単に子供に伝えるには?



柏餅とちまき


そして関東では柏餅、関西ではちまきを食べるそうですが、
こちらの食べ物についても見てみましょう。

まず、柏餅について。


柏の木は新芽が出るまで古い葉が落ちないことから、
「子供が生まれるまで親は健在で、子孫が途絶えない」
という子孫繁栄を連想させました。

そこから端午の節句に縁起がいい食べ物とされたんだそうです。


この柏餅の話は日本由来なんですが、
一方のちまきは中国が由来になってます。



かつて中国では、5月5日に川へ身投げした詩人を供養するため、
彼の命日に供物を川に投げていたそうなんですね。


で、この供物を悪い龍に横取りされないよう、
龍が嫌う笹の葉でもち米を包み、
邪気払いの五色の糸で縛ってなげたのがちまきの始まりなんだそうです。

これが日本に伝わって、5月5日にちまきを作って厄除けする風習になったんですね。




調べてみると、こどもの日って中国と日本の習慣がいろいろ混ざり合ってたんですね。

元となった端午の節句自体も、
女性のお祭りだったり男の子のお祭りになってたりと変化してておもしろいです。



私はもう子供ではないですけど、
柏餅は昔から好きなので由来を思い浮かべながら
今年も食べようかと思います。




Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

この記事へのコメント

気にしたら負け TOP » イベント・行事 » こどもの日の由来を簡単に!兜を飾り柏餅やちまきを食べる意味は?